top of page

『筋トレ』はいつまで続ければいいの?!


目黒区・ 学芸大学のパーソナルトレーニングジム 【Go.Field Fitness Himonya】の水上です。


今回は、日頃皆さんが取り組まれているトレーニング、『筋トレ』!これは一体いつまで続ければいいの?にお答えしていきたいと思います。





まずはじめに皆さんは『筋トレ』をなんの為に取り入れていきますか?


1、ダイエット(痩せる)の為

2,ボディメイク(引き締め)の為

3,健康維持・増進の為

4,アンチエイジングの為

5,競技能力の向上の為

6,リハビリの為


などなど、、、


色んな目的によって個人個人が取り入れていると思います。


人によっては複数の目的が混ざったり、目的によって筋トレをする頻度や時間、そして期間も変わってきます。

なので、筋トレをいつまで続けるかは個人差が出てきてしまいます。


よって、筋トレをいつまで続けたらいいか?は、個人個人の目的によってバラバラ!((笑


と言いたいところですが、実はどの目的にも根底の【大前提】というものがあります。


それは、≪ 健康でいること ≫ ですね!


健康を害した状態で、ダイエットやボディメイク、アンチエイジング、競技力向上といった事をやることはまずありえません!


健康でいる大前提があるからこそ、先ほどのような目的が成り立ちます。


なので、『健康でいる為』は誰でもあてはまり、そのために筋トレを行っていくのは

健康でい続けるためにずっと必要!)という回答になります。


少しこじ付けのように思えるかもしれませんが、1つデータを参考にみながら想像してみてください!


皆さん生きている以上、寿命というのがあります。その寿命の中で『平均寿命』『健康寿命』といういままでのデータをとってだした数値があります。


2022年 平均寿命 男性:81.49歳 女性:87.60歳  

    

      健康寿命 男性:72.68歳 女性:75.38歳


                ↓

その差       男性 -8.81歳  女性 -12.22歳 


これが何を意味しているのか?!


平均寿命は人生を終えるまでの平均的な年数です。それに対して健康寿命は、健康な状態でいられてる年齢の平均値です!ここで注目するところはその平均寿命と健康寿命の『差』


この数値は簡単に言えば、『健康的じゃない状態で生きている平均的数値』と置き換えられます。この健康じゃない状態というのは、、日常や継続的な医療・介護に依存し、自分の心身で生命を維持できず、自立した生活が送れていない状態。ということをいいます。


その状態が男性も女性も10年前後くらいあることを想像してみてください!


これが現状の日本の数値からみた健康の一例です。


いつどこのタイミングで、怪我や病気といったことも起こるかわかりませんが通常の過ごし方ですすめば先ほどのデータに似たところで不具合が出てきやすくなると思います。


せっかく生きている以上、多くの方は長く健康的に過ごして人生を過ごしていきたい!と思うと思います。私もそのうちの一人です。


だから、最後まで自分の脚でたって日常の生活が送れるようにいるために『筋トレ』が生きてるまでずっと必要なのです!


すこし、先ほどのデータの補足というか、1ついわせて頂きますと今の平均寿命や健康寿命の多くのデータはいままで筋トレなどをあまり行ってこれなかった世代の方たちのデータがほとんどです。日本では多くの方が筋トレをやり始めたのも最近のことです。


つまり、これから今の50代、60代、70代という年代の方々が、筋トレをしっかり日常に取り入れて健康のために行っていけば、この平均寿命と健康寿命の差は大きく変わってくるという事です!


まとめ


日に日に加齢とともに、何も行っていなければ体力は少しずつ低下していきます。筋トレはその低下を防ぐ1つの予防策です。健康的な毎日が送れるように少しずつ筋トレを取り入れていきましょう!


まずは、無理をなさらず習慣づくりが大切です!『週1~2回』30分~60分程度の運動習慣を作っていきましょう!


体のお悩みや不安ごとがある場合は、Go.Fieldfitnessのジムでは無料カウンセリングやトレーニング体験といったサービスもご提供しています。


一人で悩み、考える前にまずは私どもにご相談してみてはどうでしょうか?!


そんな方はご連絡お待ちしております。


Comentários


bottom of page